窓・玄関・エクステリア・水まわり・リフォーム

夏の暑さ対策に効果的!二重窓で実現する快適な室内環境

暮らしの中で環境問題への関心が高まりつつあります。
そんな時代の流れに乗り、自宅のエコ改善に一石を投じたいと考える人もいらっしゃるでしょう。
この記事では、二重窓を設置することで夏場の室温上昇を抑える方法とそのメリットを解説します。

エコフレンドリーな生活を目指す方には、この情報が特にお役に立つはずです。

 

□二重窓とは?その基本を知ろう

 

二重窓とは、既存の窓に追加で内窓を設置することで、窓ガラスが二重になるため、断熱性と遮音性の向上が期待できるものです。
このシンプルな改善策が、なぜ夏場の室内温度上昇を抑えるのに効果的なのか、その理由を探ります。

 

*断熱性とは

夏場に、外の高温が室内に伝わる主な経路の1つが窓です。
二重窓を設置することで、外部からの熱の伝達を大きく減らし、室内温度の上昇を抑制します。
これにより、冷房費が抑えられることも期待できます。

 

*遮音性の向上

二重窓は遮音性にも優れており、外部の騒音を軽減します。
快適な室内環境を保つためには、温度だけでなく静寂さも重要な要素です。
特に夏場の開放的に過ごしたい時期に外部からの騒音は、ストレスの原因となり得ますが、二重窓によってその悩みを軽減できます。

 

*リフォームによる採用

二重窓の設置は新築時だけでなく、リフォーム時にも推奨される選択肢です。
寒冷地域だけでなく、温暖な地域でも夏の暑さ対策として、また遮音性を求める都市部の住宅においても、その効果が実感されています。

 

24456704_s (1)

 

□夏場に二重窓が見せる断熱と遮熱の力

 

夏場の室内を快適に保つためには、二重窓の断熱性能と遮熱性能の向上が鍵を握ります。
具体的にどのように機能するのか、そのメカニズムを解説します。

 

1:断熱性能の向上

二重窓の間に生まれる空間が、外部の熱を遮断する役割を果たします。
この空間により、夏場の暑い外気が直接室内に伝わるのを防ぎ、冷房効果を高められます。

 

2:遮熱性能の向上

特に性能の高い内窓を選択することで、遮熱性能がさらに向上します。
例えば、複層ガラスやLow-E加工された窓は、太陽光を反射して室内への熱の侵入を抑えられます。
これにより、日中の室内温度上昇を効果的に抑制し、より快適な住空間を実現します。

 

24466249_s (3)

 

□まとめ

 

二重窓は、夏場の住環境改善において重要な役割を果たします。
その断熱性と遮熱性の向上により、室内温度の上昇を抑え、冷房費の節約にも繋がります。
また、遮音性の向上によって、快適な室内環境をより一層サポートします。
エコ意識が高い方にとって、二重窓は、住環境の快適性を重視する上で欠かせない選択肢の1つです。

当社は快適で安心・安全な住まいづくりを追求し、窓リフォームから太陽光発電まで、幅広いニーズに応えています。
住まいの快適さを求める方は、ぜひ当社にお任せください。

先進的窓リノベ事業の2024と2023!違いと賢い補助金の活用術!

住まいの快適性と省エネ性に敏感な方もいらっしゃることでしょう。
そこで本記事では、2023年と2024年の先進的窓リノベ事業の変更点を把握し、補助金を最大限に活用する方法について、詳しく解説します。
リノベやリフォームをする際はぜひ参考にしてください。

 

□先進的窓リノベ事業は2024年と2023年で違いがある?

 

1:2024年の新たな動き

 

2024年は、家の断熱性を高めるための重要な進展が見られました。
具体的には、玄関ドアや勝手口ドアのリノベーションが補助金の対象として新たに加わりました。
これは、家全体の断熱性を向上させる絶好の機会を提供するものです。
以前は、内窓のリノベーションに重点が置かれていましたが、2024年には玄関ドアや勝手口ドアも重要な要素として認識されるようになり、これによりより幅広い選択肢が提供されるようになりました。

 

2:窓の補助金の変化

 

先進的窓リノベ事業では、内窓設置の他、外窓交換、ガラス交換工事が補助金の対象になります。
内窓に関する補助金は2024年に入り減少傾向にありますが、この変化は全体の補助金制度の枠組みの中で考慮する必要があります。
2023年の高額な補助と比較して、2024年は減少しているものの、依然として補助金を活用する多くの機会が存在しています。

一方、外窓交換に関する補助金は、内窓設置とは反対に、2024年は増額となっています。

この変化は、リノベーションを検討している家庭がより多様な選択肢を検討し、総合的な計画を立てるきっかけとなっています。

 

3:全体の補助金利用法の詳細

 

補助金の利用にあたっては、その範囲や申請方法、適用条件など、多くの注意点が存在します。
2024年度の補助金制度は、前年度と比較していくつかの重要な変更があり、これらの変更点を理解し、効果的に活用するための情報が必要です。
補助金を最大限に活用するためには、これらの細部にわたる情報の把握が不可欠です。

例えば、玄関ドアのリノベーションが新たに補助の対象となったことは、多くの家庭にとって大きなメリットとなります。
ただし、先進的窓リノベ補助金の対象となる玄関ドアは限定されているので注意が必要です。(詳しくはお問い合わせください)

また、内窓の補助金が減少したことは、リノベーションの計画に影響を与える可能性がありますが、全体の枠組みの中で見れば、依然として有効な選択肢が多く存在します。

 

27003569_s

 

□補助金申請の道標!2024年版!スムーズな進行の秘訣

 

1:申請の流れ(申請開始は3月中旬以降予定)

 

補助金の申請は全ての工事が完了、または着工後に行われ、事業者が主体となります。
このプロセスを正確に理解することが、スムーズな進行の鍵です。

 

2:必要書類と期間

 

申請に必要な書類や期間について、事前に把握し準備を整えることが大切です。

 

3:全額還元の過程

 

補助金は工事発注者へ全額還元される必要があります。
この還元プロセスを理解し、事前に事業者との間で明確な取り決めを行うことが重要です。

 

25790921_s

 

□まとめ

 

2024年の先進的窓リノベ事業では、新たに玄関ドアや勝手口ドアのリノベーションが補助金対象に加わり、内窓に関する補助金は減少しましたが、全体的な補助金の利用法に変更はあります。
補助金申請の流れ、必要書類、期間、全額還元の過程を理解し、計画的にリノベーションを進めることで、住まいの快適性と省エネ性を高められるのです。

当社は、窓や玄関から、水回り、屋根など、さまざまな幅広いリフォームや断熱工事に対応しています。
リフォームをお考えの方はぜひ当社までご連絡ください。

網入りガラスが割れる前に知っておきたいこと!網入りガラスの特徴を紹介!

網入りガラスは、家やオフィスの安全と防災に深い関心を持つ方や建築・リフォームに興味を持つ方にとって、重要なテーマです。
この記事では、網入りガラスの特性や、その安全性と耐久性について詳しく解説し、適切なメンテナンス方法を提案します。

 

□網入りガラスの特徴とは?

 

網入りガラスは、その名の通り、ガラス内部に金属製のワイヤーが埋め込まれています。
初見では非常に頑丈に見えるかもしれませんが、実際には物理的衝撃に対して標準的なフロートガラスと同等の脆弱性を持っています。

 

1:物理的衝撃への脆弱性

 

網入りガラスは、ハンマーの衝撃で簡単に割れてしまうことがあります。
これは、ガラス自体の構造が普通のガラスと変わらないためです。
ワイヤーがガラスの一部にしかないため、全体の強度を大幅に高めるわけではありません。

 

2:防火に特化した設計

 

網入りガラスの主な役割は防火です。
火災発生時、ガラスが破裂し、飛散するのを防ぎ、炎の延焼を抑える効果があります。
火災の危険性が高い場所では、法的にもこの種のガラスの使用が推奨されています。

 

3:熱割れのリスク

 

ガラスは熱に弱く、内外の温度差により急激に膨張し破裂することがあります。
網入りガラスも例外ではなく、熱割れを引き起こす可能性があります。

 

4028020_s

 

 

□熱割れの原因とは?網入りガラスは割れる?

 

網入りガラスのもう一つの重要な問題は、熱割れです。
この現象の理解と予防策は、網入りガラスの長期的な使用には欠かせません。

 

1:温度差による熱割れ

 

直射日光が当たる部分と遮られた部分の温度差が大きくなると、ガラスに歪みが生じ、熱割れが起こりやすくなります。
特に天窓や大きな窓は、この問題に特に注意を払う必要があります。

 

2:水分や塩分の付着

 

結露や海沿いの塩害など、ガラス表面の水分や塩分の付着も熱割れのリスクを高めます。
ガラスの清掃とメンテナンスは、これらの問題を予防する上で重要です。

 

3:経年劣化によるリスク

 

時間の経過とともに、ガラスとサッシをつなぐゴムパッキンが劣化し、弾力性を失います。
これが熱割れを引き起こす要因となり得ます。
定期的な点検と必要に応じた交換が重要です。

23235867_s

□まとめ

 

網入りガラスは、物理的衝撃に対する強度は限定的ですが、その防火機能は高く評価されています。
一方で、熱割れや経年劣化への対策として、適切なメンテナンスと注意が必要です。
この記事を通じて、網入りガラスの正しい知識と、その長持ちさせるための方法を理解し、安全で快適な生活空間を維持していただければ幸いです。

当社は、窓や玄関から、水回り、屋根、太陽光、蓄電池、エクステリアなど、さまざまな幅広いリフォームや断熱・省エネ工事に対応しています。
リフォームをお考えの方はぜひ当社までご連絡ください。

断熱リフォームをお考えの方へ!断熱材と断熱工事の種類についてご紹介します!

エコ意識が高まる今、快適な住環境とエネルギー効率の向上は多くの人々の関心事となっています。
特に、断熱性能の改善は、一年中快適な室内環境を実現し、エネルギーコストを削減する上で重要な役割を果たします。
そこで今回は、断熱材の選び方と断熱工事について、そして断熱リフォームのメリットについてご紹介します。

 

□断熱材について

 

断熱材は、無機繊維系、発砲プラスチック系、木質繊維系の主な3つの種類に分けられ、それぞれが異なる特性を持ちます。

 

1:無機繊維系

 

無機繊維系断熱材とは、ガラスを高温で溶かし綿繊維化したものです。
無機繊維系断熱材は、断熱性能に加えて、吸音性にも優れていることが特徴です。
そして、安価で施工しやすいことも魅力です。

 

2:発泡プラスチック系

 

発泡プラスチック系断熱材には、ボード状のものと吹き付け施工法のものがあります。
樹脂を発泡させてボード状にしたものが一般的ですが、吹き付け施工の場合は複雑な構造でも隙間なく施工が可能です。

 

3:木質繊維系

 

セルロースファイバーや羊毛など、自然素材を使用しているのが木質繊維系断熱材です。
木質繊維系断熱材は、気密性や耐火性、吸音性に優れています。

選択時は、使用場所や求める断熱性能、コストなどを考慮することがポイントです。

29118891_s

□断熱工事で得られるメリット

 

断熱リフォームを行うことは以下のメリットをもたらします。

 

1:夏は涼しく冬は暖かくなる

 

断熱リフォームを行うことで、夏は暑い外気が室内に侵入することを防ぎ、冬は室内の暖気が外へ漏れ出ることを防ぎます。
このように断熱性を高めることは、快適な生活環境の確保につながります。

 

2:エアコン代が節約できる

 

室内の暖気・冷気が漏れ出ることを防ぐため、エアコンを効率的に運転できます。
そのため、エアコンを無駄に使用することがなくなるので光熱費削減につながります。

屋根や天井、床、外壁、浴室やトイレ、家全体などの修繕のためにリフォームを検討されているときは、建物の長期保存や過ごしやすい家づくりにつながる、断熱対策を一緒に行うことをおすすめします。
また、断熱リフォームに対して、適用可能な補助金制度がいくつかあります。
補助金制度を利用するには、適用条件を満たす必要があるのであらかじめご確認ください。

27717875_s

□まとめ

 

断熱材の選び方と断熱工事について理解を深めることで、自宅の断熱性能を効果的に向上させることができます。
本記事が提供する情報を活用し、エコ意識の高い快適な住環境を実現しましょう。

当社は、窓や玄関から、水回り、屋根など、さまざまな幅広いリフォームや断熱工事に対応しています。
リフォームをお考えの方はぜひ当社までご連絡ください。

住宅省エネ2024年キャンペーンが始まります!【ティージー豊橋牛川通店】

皆さんこんにちは、受付スタッフです

今日はお客様に嬉しいお知らせです

2023年の多くの補助金が出た3省連携の補助金に続き、
2024年もまた新たな補助金が出ます

まだ全ての詳細は明らかになってないですが、リフォームを考えられている
お客様にとってかなりお得で、嬉しい補助金であることは間違いないです

・子育てエコホーム支援事業
・先進的窓リノベ2024事業
・給湯省エネ2024事業
・賃貸集合給湯省エネ2024事業

以上の4つの新しい補助金が始まります!

随時新しい情報が出てくると思うので、新しい情報が出次第お知らせさせて頂きます
窓補助金
~窓のリフォーム~
・内窓リフォーム
・窓取替リフォーム

今回は、内窓リフォームよりも、
窓取替リフォーム・カバー工法がより、補助金額が高くなります

窓のリフォームを考えられているお客様は是非この機会にリフォームした方が良いです!
ドアリモ補助金
~玄関のリフォーム~

・玄関ドア取替リフォーム

◎先進的窓リノベ2024事業の補助金対象のドアは4つのデザイン
◎子育てエコホーム支援事業の補助金対象のドアは46デザイン

ドアだけでのリフォームでは補助金対象にならないので、窓のリフォームと一緒に行う必要があります!

エクステリア補助金
~宅配ボックス~

不在時や、玄関にすぐ出ることが出来ない場合も宅配ボックスがあれば安心!置き配も対応可能な宅配ボックスです

この宅配ボックスは、ドアのリフォーム・内窓リフォーム・窓取替リフォーム・ガラス交換リフォーム等の工事と同時に行い、補助金額が合計5万円以上の場合に補助金の対象になります
本格的な申請は3月以降になります

もし、補助金を使用してリフォームをしたいお客様がいらっしゃいましたら、
是非お気軽にティージーにお問い合わせ下さい

9/21 住宅省エネ補助金申請進捗状況【ティージー豊橋牛川通店】

こんにちは
受付スタッフです

最近暑い日もありますが、涼しい日も多くなって来ましたね
秋はご飯が美味しい季節なので、誘惑に負けないように色々と頑張りたいと思います


さて、本日は住宅省エネ補助金の9月21日現在の申請進捗状況をお伝えします
9月21日現在こどもエコすまい・先進的窓リノベ・給湯省エネ共に
申請額が残っていて、まだ申請出来る状態です
補助金申請状況
ただ、こどもエコすまい補助金は申請状況が98%になっています
100%に達し次第補助金申請を終了させて頂きます

もし、補助金を使用してリフォームしたいお客様で、
まだお悩みの方がいらっしゃいましたら
補助金申請額には限りがあるので、お早めに申請することをお勧めします

窓のリフォームの補助金の窓リノベ補助金はまだ申請状況に余裕があるので、
窓リフォームをお考えのお客様はお早めに申請を宜しくお願い致します。

補助金は無くなり次第終了です。
補助金を使ってリフォームする方が絶対にお得ですよ
こちらが住宅省エネキャンペーンの公式HPになりますので、
もし何か気になることがありましたら、一度見てみて下さい

補助金に関してのお問い合わせも、ティージー豊橋牛川通店にて
対応していますので、お気軽にお問い合わせください

9/11 住宅省エネ補助金申請進捗状況【ティージー豊橋牛川通店】

こんにちは
受付スタッフです。

早いもので、もう9月ですね~
後3ヶ月で2023年も終わると思うと感慨深いものがありますね

さて、本日は住宅省エネ補助金の9月11日現在の申請進捗状況をお伝えします
9月11日現在こどもエコすまい・先進的窓リノベ・給湯省エネ共に
申請額が残っていて、まだ申請出来る状態です
9月11日 申請状況
ただ、こどもエコすまい補助金は申請状況が94%になっています
100%に達し次第補助金申請を終了させて頂きます

もし、補助金を使用してリフォームしたいお客様で、
まだお悩みの方がいらっしゃいましたら
補助金申請額には限りがあるので、お早めに申請することをお勧めします

補助金は無くなり次第終了です。
補助金を使ってリフォームする方が絶対にお得ですよ
こちらが住宅省エネキャンペーンの公式HPになりますので、
もし何か気になることがありましたら、一度見てみて下さい

補助金に関してのお問い合わせも、ティージー豊橋牛川通店にて
対応していますので、お気軽にお問い合わせください

商品のご紹介【マドリモ シャッター】豊橋市・豊川市

台風R5.9.19
こんにちは
本日はYKK商品、『マドリモ シャッター』についてご紹介したいと思います
マドリモシャッター今ある窓や雨戸に壁を壊さずシャッターを取付けする住宅用リフォーム商品です。
今まで取付をあきらめていた場所に幅広く対応できるようになりました。

『マドリモ シャッター』で暮らしに安心と快適を

マドリモシャッター①R5.9.19
防災
大型化する台風や増加する竜巻。飛来物で窓ガラスが割れ、暴風が吹きこむことで被害が出る可能性があります。窓にシャッターを付けてガラスを割れにくくすることが大切です。
防災対策として、1階・2階全ての窓にシャッターの取付が有効です。
マドリモシャッター②R5.9.19
快眠
シャッターと窓を閉めることで室内に入り込む騒音を低減。
またシャッターを閉めることで遮光にも効果があります。
マドリモシャッター③R5.9.19
2階への取付
1階にシャッターを取付けるのは一般的ですが、強風時の飛来物の衝突リスクは、2階の見晴らしがいい分遮るものもなく、危険性は高くなります。
また侵入盗からみれば2階へあがる足場は無数にあります。
日々の防災・快眠のために、2階にもシャッターを取り付けませんか?
マドリモシャッター④R5.9.19
防災への備えとしてシャッターを取付けすることをお勧めします

現地調査・御見積まで無料でやらせて頂きますので、是非お気軽にティージーにお問い合わせ下さい

商品のご紹介【リウッドデッキ200EG リウッドデッキ200】豊橋市・豊川市

リウッドデッキ画像①R5.8.9
こんにちは
本日はYKK商品、『リウッドデッキ200EG リウッドデッキ200』についてご紹介したいと思います
リウッドデッキはリビングから繋がる開放的なデッキ空間で、お茶をしたり、BBQをしたり、プールをしたりと様々な楽しみ方が出来ます

「リウッド」は木粉とポリプロピレンを配合

リウッドデッキ②R5.8.9
「リウッド」(再生木)は天然木と比較して耐候性、耐腐朽性、耐水性に優れているため長期にわたり快適なデッキライフを味わうことができます。また、主原料に硬度の高いポリプロピレンを利用しているため、ひっかき傷に強く天然木特有のささくれがないのも特長です

デザイン&カラー

リウッドデッキ③R5.8.9
天然木のような美しく繊細な木目と優しく温かな質感を表現。
デッキ表面にロール成型で凹凸のある木目柄を表現。その上からサンディング加工をさらに加えることで、天然木のような色の濃淡や深い陰影感を感じさせる仕上がりに。光のあたり方や、見る角度によって色や表情の変化を楽しむことができます。
いろいろな過ごし方のできる『リウッドデッキ200EG・リウッドデッキ200』でおうち時間がもっと楽しくなる庭空間を作ってみませんか

現地調査・御見積まで無料でやらせて頂きますので、是非お気軽にティージーにお問い合わせ下さい

住宅省エネ補助金申請進捗状況【ティージー豊橋牛川通店】

エコすまい・窓リノベ 補助金
こんにちは
受付スタッフです。

最近本当に暑い日が続きますね~
全国の至る所で、熱中症になっている方がたくさんいるので、
水分・塩分しっかり摂って暑さ対策するようにして下さい

さて、本日は住宅省エネ補助金の7月25日現在の申請進捗状況をお伝えします。
7月25日現在こどもエコすまい・先進的窓リノベ・給湯省エネ共に
申請額が残っていて、まだ申請出来る状態です

もし、補助金を使用してリフォームしたいお客様で、
まだお悩みの方がいらっしゃいましたら
補助金申請額には限りがあるので、お早めに申請することをお勧めします

補助金は無くなり次第終了です。
補助金を使ってリフォームする方が絶対にお得ですよ
こちらが住宅省エネキャンペーンの公式HPになりますので、
もし何か気になることがありましたら、一度見てみて下さい

補助金に関してのお問い合わせも、ティージー豊橋牛川通店にて
対応していますので、お気軽にお問い合わせください