スタッフブログ

【経営者メッセージ】2019年、ありがとうございました

2019年12月26日|カテゴリー「ティージーについて

=代表・高橋から年末のご挨拶=
 
今年も残すところあと5日。
元号が平成から令和に変わり、お祝いムードが日本全国に満ちたと同時に、今年も大きな災害が各地を襲い、各地で甚大な被害が発生しました。
そして消費税の増税により、キャッシュレス決済の増加など新しい時代の変化が私たちの暮らしを大きく変える、そんな感覚を抱いた方も多かったのではないでしょうか?
 
ティージー株式会社も、お客様、地域の皆様のご愛顧と応援、そして従業員1人1人の頑張りのおかげで、無事に1年を終えようとしています。
 
8-1
 
2019年を振り返ってみると、ティージー株式会社にも新たに3名の新卒社員が仲間に加わり、若いパワーが会社を前進させる大きな力となりました。
また若手だけでなく、長年ティージー株式会社を支えてきたベテラン社員1名が定年を迎えましたが、嘱託従業員として継続して仕事をしてくれることになりました。
これで60歳以上が4名となり、ベテランと若手がベストミックスしている良い状態だといえるでしょう。
 
そして、今年は非常に残念で悲しいことがありました。
社員1人が仕事中に急きょ亡くなるという不測の事態がおこり、今までの「当たり前」に対し、基準の見直しや新しいルールの作成を徹底的に行いました。私自身このことを生涯忘れることなく、次世代にも伝えていくこと、同じこと決して繰り返さずにさらなる前進をすることを改めて心に誓いました。
 
8-2
 
2019年は、MADOショップ(ドア窓リフォーム専科)や太陽光発電蓄電池悠UサンルームハウスINハウス(断熱リフォーム)、街の屋根屋さん(屋根リフォーム)の各担当者がコツコツとブログを更新。
暮らしに役立つ情報をプロ目線で発信してきました。まだ見たことがないという方は是非一度ご覧になってください。
 
2020年はこうした発信を強化することに加えて、お客様や地域の皆様が気軽にティージー株式会社とやりとりできる場作りに取り組んでいきたいと思っています。
 
そして今まで以上に、ティージーの従業員1人1人が活躍し、それがポジティブなエネルギーとなってお客様・地域に貢献できるような会社にしていきたいと考えています。
 
さらに!新事業も2020年はスタート予定。
これからも、社員1人1人がイキイキと活躍でき、地域密着だからこそできる仕事を続けてまいります。
 
最後になりましたが、2019年も1年ありがとうございました。
そして、来年もどうぞよろしくお願いいたします。
 
 

【悠Uサンルームのある暮らし】悠Uサンルームでクリスマスを楽しもう!

2019年12月24日|カテゴリー「悠Uサンルーム

今日は楽しいクリスマスイブ
ご自宅や職場にツリーやリースを飾りつけ、大切な方とクリスマスのひと時を楽しむのも素敵な時間の過ごし方です。
ティージー株式会社の本社ショールームでも、悠Uサンルームにクリスマスの飾り付けをしています。
 
毎日のくらしに優雅なひとときを運ぶ悠Uサンルームに、ツリーやリースを飾って季節感ある空間を作るのもおすすめ!
また、しっかりと断熱性を確保した機密性の高い空間なので、夜も室内同様にあったか。
 
ちょっぴり照明にもこだわって、雰囲気あるクリスマスディナーやホームパーティーを愉しんでみるのも素敵です。
 
7-1
 
木々に囲まれた、ログハウスにつくった悠Uサンルームなら、映画に出てきそうな素敵なクリスマスが過ごせそうですよね☆
 
7-2
 
こんな風に、季節に合わせた時間の過ごし方ができるのも、快適でおしゃれ、心豊かな時間が過ごせるのも悠Uサンルームだからこそ。
今夜は忙しくてクリスマス気分が味わえない!という方も、明日は悠UサンルームでゆったりクリスマスソングをBGMに、ちょっぴり豪華なご馳走を並べた食卓を大切な人と囲んでみてはいかがでしょうか?
 
\悠Uサンルームで聴きたい♪/
〜おすすめクリスマスソング〜
 
クリスマスソングといえば、日本でも定番なのがジョージ・マイケルが作詞作曲をしたWham!の「Last Christmas(ラストクリスマス)」。
様々なアーティストがカバーしていますよね。
 
実は、Wham!は、この歌で入った印税を全額寄付しているそう。そんなアーティストのクリスマスギフトが、今日もどこかで誰かの幸せをお手伝いしているのかもしれません。
 
▶︎悠Uサンルームについて詳しくはこちら♪
 
\コツコツ更新中♪悠Uサンルームブログ
 
▶︎コラム:悠Uサンルームのある暮らし
 
\家の中身を新築にする/
▶︎ハウスINハウスの詳細はこちらから
 
 

◎太陽光発電ニュース◎蓄電池、室内と屋外どちらに置くのがいいの?

2019年12月19日|カテゴリー「太陽光発電

あっという間に今年も残り12日。
今年1年を振り返ると、いくつも大きな台風が日本列島に上陸し、各地で停電水害などの被害が広がったことは、まだまだ記憶に新しいところです。
もしかしたら、このページをお読みの方の中にも、ご家族やご友人などが大変な思いをされたという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

災害大国日本に暮らすことの大変さを実感した今年1年は、台風や地震などの停電時のバックアップ電源として「太陽光発電を蓄電池とセットで設置したい」と、ご相談いただくことが増えました。
そこで今日は、太陽光発電システムとセットで導入をご検討の方のために、蓄電池について少し詳しくお話しさせていただきます。
 
6-1
 
蓄電池は、電力会社から購入している電気や、日中太陽光で発電した電気をためるための装置です。
各メーカー、いろいろな蓄電池が発売されていますが、屋外に設置するタイプだけでなく、室内に設置するものもあります。
 
ここで、疑問に思う方が多いのが「蓄電池は屋外設置と室内設置、いったいどちらがいいのか」というポイントです。
 
どちらがいいかは、設置する地域によっても異なります。
例えば、塩害地域や津波などにより浸水する恐れがある地域は、蓄電池の屋内設置がおすすめです。
また、そもそも屋外に設置する場所がない場合には、屋内タイプを選ぶことになるでしょう。
ただし、それ以外のケースでは基本的には、蓄電池を屋外設置することの方が多くなっています。
 
室内に蓄電池を設置する場合の注意点は主に次の3つ。
 
(1)室内のどこに置くかは要確認
(2)屋内配線が見えてしまう可能性がある
(3)工事費が少し高くなることがある
 
というのも、屋内設置型蓄電池は、クローゼットや階段下収納などに収まるコンパクトサイズです。とはいえ、配線工事の関係で、どうしても先ほどご紹介した注意点(2)(3)が出てきてしまうから。
 
蓄電池の置き場所を考える際「雨風にさらされない分、室内の方が長持ちするのでは?」というご質問もいただきますが、あまり気にしなくても大丈夫。
現にシャープ製の蓄電池の場合、屋内設置も屋外設置も保証期間は10年(最長で15年間)と変わりがありません。
 
6-2
 
と、長くご説明してしまいましたが、結論から言えば、蓄電池は屋内・屋外設置どちらを選んでいただいても大丈夫。いずれも安心してお使いいただけます。
 
ただし…蓄電池は今大人気!
台風後にその必要性を実感した方が急増したことなどを受け、屋外タイプはメーカーの入荷待ちとなっている場合も…。
 
どうしても早く蓄電池が欲しいという方は、屋内設置タイプなら比較的早く入荷される可能性がありますので、狙い目かもしれません。
 
太陽光発電や蓄電池について疑問があれば、お気軽にティージー株式会社までご相談くださいね(^^)♪
 
★スタッフblogから太陽光発電関連の最新情報を解説中!
 
太陽光発電で環境に良い暮らしを♪

 

\家の中身を新築にする/
ハウスINハウスの詳細はこちらから
 
♪コツコツ更新中♪
ティージー株式会社のハウスINハウスblog
 
\おしゃれな空間をくらしにプラス/
悠Uサンルームについて詳しくはこちら♪
 
 

【ハウスINハウスde断熱】高齢のお母様のために断熱リフォーム!

2019年12月17日|カテゴリー「ハウスINハウス

新築並みの暖かい家を“家の中に家を作る”という発想で叶える断熱リフォーム『ハウスINハウス』。
今回は、築20年の家に1人で暮らすご高齢のお母様のために、ご依頼いただいたK様邸のリフォーム事例を紹介します。

 

5-1

 

<リフォームのきっかけ>
 
自宅の1階にお店を構えていたK様のお母様。ご主人と営まれていたお店も、ご主人の亡き後1人でお店を切り盛りされていたお母様は、長年の立ち仕事でちょっとした段差の上り下りも大変になっていました。
また、2階にあるお風呂も「階段の上り下りが大変」という理由から、次第に使わなくなり、近くの銭湯を使われていたそうです。
 
鉄骨造りのK様邸は、夏はクーラーが効かないくらい熱が籠る一方で、冬はとても寒い家だったそうです。
 
リフォーム前

 

5-2
 
リフォームで間取りも変えて、新築品質の暖かさを
 
モデルハウスで新築品質並みの暖かさを実感した息子さんは、ハウスINハウスでのリフォームを決められました。
 
お店があった部分は明るいダイニングキッチンと、最新のバスルームに。
もともとキッチン和室だった場所は、広くて明るいリビングにリフォーム。
また、2階の洋室はそのままに、もともとあった浴室をクローゼットとして断熱リフォーム。1階も2階も新築品質冬暖かく、夏涼しい住空間が誕生しました。
 
リフォーム後
 
5-3
 
ご高齢のお母様の生活が1階で完結できるようになった、ハウスINハウスの断熱リフォーム。
リフォーム後は、銭湯に行かなくても、ご自宅でのんびり暖かいバスタイムを楽しめているそうです。
また、窓が二重窓のため、冬の結露もすっかりなくなり快適に!今では、お母様はお店を引退され、第二の人生を満喫されているのだとか。
 
5-4
 
生活空間の見直しも含めて、新築並みの暖かい住まいをご提案できる『ハウスINハウス』。
 
これからますます寒い日々が続きます。
ぜひ、ご自宅の冬の寒さや結露にお悩みなら、ティージー株式会社の『ハウスINハウス』にお任せください!
 
 
◉詳しい施工事例は、こちらからもチェック
 
\家の中身を新築にする/
ハウスINハウスの詳細はこちらから
 
♪コツコツ更新中♪
ティージー株式会社のハウスINハウスblog
 
太陽光発電で環境に良い暮らしを♪
 
\おしゃれな空間をくらしにプラス/
悠Uサンルームについて詳しくはこちら♪
 

【悠Uサンルームのある暮らし】サンルームとテラスの違い

2019年12月12日|カテゴリー「悠Uサンルーム

おしゃれなコンサバトリー風の空間をご提案している悠Uサンルーム。寒い冬でも、お日様の光をたっぷりと取り込んで、悠Uサンルームはポカポカ暖かい快適空間♪
 
今日は、そんな悠Uサンルームをご検討中のお客様からよくいただくご質問をご紹介いたします。
 
4-1
 
 
—●よくいただくご質問●—————
「サンルームとテラス、何が違うの?」
————————————————-
 
似ているようで少し違うサンルームやコンサバトリーとテラス囲い。
確かに、家の外に取り付ける室内のような、屋外のような空間という点ではサンルームやコンサバトリーとテラスはとてもよく似ています。
具体的に何が違うのかわからない…と思う方が多いのは仕方のないことです。
 
まずテラス(囲い)とは、サンルームよりも施工が簡単でお値段もお手軽な簡易的な屋外と室内をつなぐ空間です。
オープンテラスのカフェのように屋根があり、風除けなどのために窓で周囲を囲っているのがテラス囲い。
 
工事代が安い分、床は一般的なウッドデッキのようになっていて、テラス屋根をつけるための柱と補助柱にガラス窓やドアを簡易的に取り付けただけの簡単な作りです。
 
YKK APさんなどのメーカーが発売しているテラス(囲い)は規格が決まっていて、デザインの自由度という点では悠Uサンルームと比べると少し劣ります。
また、気密性や断熱性はそれほど重視されていません
 
4-2
 
一方で、悠Uサンルームのようなサンルームやコンサバトリーは居心地の良さを重視して作られる空間です。
しっかりと開口部や床に断熱を施しているため、冬でも足元が冷えにくく、ポカポカ。外の景色をのんびりと楽しめる“お部屋”と考えてもいいでしょう。
 
サンルームの魅力は、高いデザイン性
例えば、悠Uサンルームではサッシの色や形を家の外観や用途、庭の広さに合わせて自由にカスタマイズ可能です。
 
例えば、ペットルームにしたり、お気に入りの庭を眺めながらのんびりくつろぐセカンドダイニングとして使ったり…いろいろな使い方ができます。
 
4-3
 
冬場は特に、居心地の違いがよくわかるサンルームとテラス。
ティージー株式会社本社ショールームでは、サンルームとテラスを実際に比較いただける実物展示コーナーもございます。
 
ぜひお気軽に、遊びに来てみてくださいね(^^)/
 
▶︎悠Uサンルームについて詳しくはこちら♪
https://www.tg-sunroom.com/
 
\コツコツ更新中♪悠Uサンルームブログ/
▶︎ https://www.tg-sunroom.com/blog
 
▶︎コラム:悠Uサンルームのある暮らし
https://www.tg-ltd.co.jp/blog/sunroom
\家の中身を新築にする/
ハウスINハウスの詳細はこちらから
▶︎ https://tg-houseinhouse.jp/
 

pagetop