【断熱リフォーム】温度ムラで頭がぼーっとしてしまっていませんか?

もうすぐ3月とはいえ、三寒四温という言葉の通り暖かい日と寒い日が繰り返しているこの季節。
まだまだ暖房を使う機会も多いですよね。
家の中で暖房を使うと、どうしても暖かい空気が上に溜まってしまい、足元は冷え冷えに……。
一方で、部屋の上の方だけが暖かいので、なんだか頭がぼーっとしてしまう、ということも少なくありません。

 

実は、この部屋の中の“温度ムラ”。
住まいの断熱性能を改善することで、温度ムラをなくすことができるというのをご存知でしょうか?

 

8-1

 

住まいの気密性能が低く、断熱されている部分が連続していないと「コールドドラフト」と呼ばれる現象が生じます。
コールドドラフト現象とは、窓辺から冷たい空気が室内の下へ下へと流れてしまう現象です。
温度ムラを防ぐには、まずこのコールドドラフト現象を防ぐことが肝心!

 

8-2

 

例えばで行う断熱リフォームなら、壁・床・天井全てにオリジナルの断熱パネルを設置
さらに窓には断熱性の高い内窓をつけるため、断熱部分の切れ目がなくなり、窓から冷気が下へと流れるコールドドラフト現象も起きにくくなります。

 

さらに!
コンセントやライト、エアコンの配線のために壁や天井に開けられている隙間もしっかりとコーキングなどで気密処理。冷気が入らないようにしています。

 

8-3

 

断熱性だけでなく、気密性もしっかりと高められた空間は、まるで飲み物が冷めにくい魔法瓶のような空間に♪
保温性が高く、一度温めたお部屋も冷えにくくなるんですよ(^^)//

 

大切な住まいをリフォームして住み継いでいくなら、ぜひ断熱リフォームで1年中快適な空間づくりをしてみませんか?

 

\太陽光発電で環境に良い暮らしを♪/
https://www.tg-solarpower.com/

 

\おしゃれな空間をくらしにプラス/
悠Uサンルームについて詳しくはこちら♪
https://www.tg-sunroom.com/