【ハウスINハウスde断熱】夏場のエアコン効率もアップ!

暑さの厳しい今日この頃(>o<)!「家の中でもなることがある熱中症の予防には、我慢せずにエアコンをつけましょう」なんて注意喚起が出るくらい、暑さが厳しい季節です。

熱中症になって病院に行くことを考えれば、エアコンを使うのがいいのはわかるけれど、やっぱり気になるのが電気代!ずっと付けっ放しにしておけば、それなりに電気代がかかってしまいますよね。

 

7-1

 

少しでも電気代を節約するなら、住まいの断熱性を高めるのがおすすめ!

「夏に家の断熱?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、断熱性の高い家はエアコンの効き(冷房効率)も良くなり、省エネにもつながります。

 

エアコンで空気を冷やしても、天井の断熱性能が低いと、太陽に熱せられた屋根の熱が室内におりてきて暑くなってしまいます。断熱リフォームで壁・天井をしっかりと断熱しておけば、エアコンで冷やした空気が熱せられることも少なくなり、冷房効率がアップします。

 

室内での熱中症対策としてエアコンを使う場合は、室温設定の目安は28度くらい。

また、湿度が高いままだと汗で体外に熱を放射しにくくなり、体温が上昇。熱中症につながってしまうので、湿度も除湿などで60~70%程度に保てるように心がけましょう。

 

7-2

 

ティージー株式会社がご提供している『ハウスINハウス』、天井・壁・床をしっかりと断熱材で覆い、生活スペースだけを断熱できるリフォーム方法。

築年数の経った家でも、大規模なリフォームをせずに短い工期と少ない予算で、熱中症対策ができますよ。

興味がある方は、ぜひお気軽にお問い合わせください(^^)

 

\家の中身を新築にする/
ハウスINハウスの詳細はこちらから
https://tg-houseinhouse.jp/

 

\コツコツ更新中♪ハウスINハウスblog/
▶︎https://www.tg-ltd.co.jp/blog/house-in-house

 

\おしゃれな空間をくらしにプラス/
悠Uサンルームについて詳しくはこちら♪
https://www.tg-sunroom.com/