【『ハウスINハウスde断熱♪』断熱リフォーム前に“住まいのカルテ”で検証】

住まいの断熱リフォームを考えたとき。「本当にこの断熱工事は必要なのかな?」とちょっぴり不安になる方もいらっしゃるかもしれません。築年数や工法、間取り、立地によっても違う家の状態。
断熱リフォームに限らず、あらゆるリフォームは家全体の状態をしっかりと把握してから始めないと費用や時間に無駄が生じてしまうことが!

 

というのも、家のリフォームは住まいを部分的に作り直す工事のため、家全体のことを考えてすすめないと同じところを何度もリフォームし直したり、全体のバランスが悪くなってしまったりすることもしばしば。

 

例えば、床や配管の状態をきちんとチェックしないでシステムキッチンをリフォームした場合。リフォームしてから数年後にキッチン床が水漏れで腐ってしまい、床や配管をリフォームしなければならなくなるかもしれません。そうなれば、せっかく入れたシステムキッチンを再度外して、床や配管を直してから、もう一度システムキッチンを設置するという二度手間工事をすることに。
リフォーム費用も時間も無駄にしてしまうことになるんです。

 

そんな継ぎ足しリフォームの無駄をなくすためにはしっかりと家全体をチェックして、これからリフォームが必要になるかもしれない箇所やタイミングを把握しておくことが大切です。

 

ティージー株式会社の断熱リフォームハウスINハウスでは、実際に工事を始める前に、専門家が現地調査を実施。
サーモ機器で家の中の温度差を非破壊調査。図面化しながら、リフォームすべき場所はどこで、いつ直すべきかどうかを【住まいのカルテ】でご報告。本当に必要なリフォーム箇所を、ご提案させていただきます。

 

しっかりと【住まいのカルテ】を作っておけば、いざ工事が始まってから「追加リフォームが必要になってしまった…」なんて事態も防げます。

 

安心の断熱リフォームなら、私たちにおまかせください!

 

8re

 

\家の中身を新築にする/
ハウスINハウスの詳細はこちらから
▶︎ https://tg-houseinhouse.jp/