【『ハウスINハウスde断熱♪』意外なところからも入ってくる冷たい空気】

しっかり部屋の窓やドアを閉めているはずなのに、なんだか冷たい空気が入ってくると感じたことはありませんか?住まいの断熱を考えたとき、意外と見落としがちなのが、ちょっとした場所からの冷気の流入。
ドアや窓を閉めていても、実は家には冷たい空気が入る場所がたくさんあるんです。今回は、意外と知らない冷たい空気が入ってくる場所についてお話ししてみたいと思います。

 

断熱材を壁に入れていても、冷気が入ってくるちょっとした場所。
例えばコンセントスイッチダウンライトなどがそんな場所にあたります。

 

断熱材を入れていてもどうしても生じてしまうこうした断熱欠損箇所があると、せっかく家を断熱していても断熱効果が十分に得らません。

 

1-1re

 

ティージーが取り組んでいる、ハウスINハウスの断熱リフォームは、冷気が入ってくるコンセントやダウンライトなどの熱欠損箇所を、できる限り小さくする工夫もしっかりしています。

 

例えば天井のダウンライト。
ハウスINハウスの体感ショールームではダウンライトは天井に埋め込んでいません。
これは、天井に開ける穴をできる限り小さくして、断熱欠損箇所を減らすため。

 

1-2re

 

照明器具を天井に埋め込んで、フラットにするのは確かにおしゃれですが、照明器具を設置する分の穴を開ける必要が出てしまいます。開けた穴が大きければそれだけ冷気が入りやすいということですから、ダウンライトのコードだけを通す穴を開けることで対応しているんですよ。

 

見えないところ、目立たないところにもこだわるハウスINハウスの断熱リフォーム。
もっと知りたい!という方は、お気軽にお問い合わせください(^^)/

 

\ティージー「ハウスINハウス」ショールームinfo/
○場所:豊橋市牛川通3丁目13-3
○時間:9:00〜18:00
○問い合わせ先:0120-200-207

 

ハウスINハウス ショールームの詳細はこちらから
▶︎ https://www.tg-ltd.co.jp/showroom_guide/houseinhouse.html