ハウスINハウス

夏も涼しい!ハウスinハウスの断熱リフォームを体感してみませんか?

2019年6月11日|カテゴリー「イベント情報

6月に入って夏の装いに衣替えをされる方も多い季節です。
梅雨が終われば本格的に暑い日々が始まるこの季節。冬の寒さ対策と同じくらい、住まいの快適さを叶えるための準備&対策をはじめたいところです。

 

ティージー株式会社がご提案している「ハウスinハウス」は、最短10日断熱リフォームができる独自工法の断熱リフォーム。
冬の暖かさだけでなく、夏のエアコンの効きを良くして、エコに快適な住空間を叶えてくれます。

 

建ててから10年、20年と建った家は、新築の家に比べてどうしても断熱性が低く、冷暖房効率が低いもの。

 

「とはいえ、建て替えや大掛かりなリフォームは難しい…」

という方に、ハウスinハウスはぴったりです。

 

天井・床・壁に特殊なパネルを張り込んで、“お家の中にお家を作る”リフォーム方法なので、必要なエリア(=生活エリア)だけを断熱し、工期も費用も抑えられるんですよ♪

 

実際にハウスinハウスで断熱リフォームをされたお客様からは「おしゃれ!」「予算内で大満足!」「月々の光熱費も下がった」という声をいただいています。

 

♪お客様の声はこちら♪
https://tg-houseinhouse.jp/voice

 

ティージー株式会社では、6月22日(土)〜23日(日)ハウスinハウスの体感イベントを開催予定(^^)
断熱リフォームと同時に、おしゃれな住まいにリフォームできるハウスinハウスをぜひご家族で体感してみてくださいね!
皆様のご来場をスタッフ一同お待ちしています!

 

3アイキャッッチ

↓ ↓ ↓

https://www.youtube.com/embed/3XJr4xN4SH8 

 

 

ハウスin ハウス 体感イベントのお知らせ♪

☆日時:6月22日(土)~23日(日) 9:00~17:00
☆会場:豊橋市牛川通3丁目13-3
◎お問い合わせ:0120-200-207

 

\家の中身を新築にする/
ハウスINハウスの詳細はこちらから
▶︎ https://tg-houseinhouse.jp/

 

 

●MADOショップ豊橋牛川通店はこちら
>> http://toyohashi-ushikawadori.madoshop.jp/shop/index/

 

●MADOショップ豊川南通店はこちら
>> http://toyokawa-minamiodori.madoshop.jp/shop/index/

 

【『ハウスINハウスde断熱♪』断熱リフォーム前に“住まいのカルテ”で検証】

2019年2月28日|カテゴリー「ハウスINハウス

住まいの断熱リフォームを考えたとき。「本当にこの断熱工事は必要なのかな?」とちょっぴり不安になる方もいらっしゃるかもしれません。築年数や工法、間取り、立地によっても違う家の状態。
断熱リフォームに限らず、あらゆるリフォームは家全体の状態をしっかりと把握してから始めないと費用や時間に無駄が生じてしまうことが!

 

というのも、家のリフォームは住まいを部分的に作り直す工事のため、家全体のことを考えてすすめないと同じところを何度もリフォームし直したり、全体のバランスが悪くなってしまったりすることもしばしば。

 

例えば、床や配管の状態をきちんとチェックしないでシステムキッチンをリフォームした場合。リフォームしてから数年後にキッチン床が水漏れで腐ってしまい、床や配管をリフォームしなければならなくなるかもしれません。そうなれば、せっかく入れたシステムキッチンを再度外して、床や配管を直してから、もう一度システムキッチンを設置するという二度手間工事をすることに。
リフォーム費用も時間も無駄にしてしまうことになるんです。

 

そんな継ぎ足しリフォームの無駄をなくすためにはしっかりと家全体をチェックして、これからリフォームが必要になるかもしれない箇所やタイミングを把握しておくことが大切です。

 

ティージー株式会社の断熱リフォームハウスINハウスでは、実際に工事を始める前に、専門家が現地調査を実施。
サーモ機器で家の中の温度差を非破壊調査。図面化しながら、リフォームすべき場所はどこで、いつ直すべきかどうかを【住まいのカルテ】でご報告。本当に必要なリフォーム箇所を、ご提案させていただきます。

 

しっかりと【住まいのカルテ】を作っておけば、いざ工事が始まってから「追加リフォームが必要になってしまった…」なんて事態も防げます。

 

安心の断熱リフォームなら、私たちにおまかせください!

 

8re

 

\家の中身を新築にする/
ハウスINハウスの詳細はこちらから
▶︎ https://tg-houseinhouse.jp/

【『ハウスINハウスde断熱♪』海外と比べても寒い日本の住宅】

2019年2月7日|カテゴリー「ハウスINハウス

2月4日の立春を過ぎ、暦の上では春がスタートしたとはいえ、まだまだ寒い日が続きます。
少しでも外気温が下がったり、日が当たらなくなったりしてしまえば冷えを感じる家の中。ストーブやエアコンなど暖房を使っているのに寒いというお家は、もしかしたら断熱性能が低いのかもしれません。

 

日本の家は、ヨーロッパなどの先進国と比べてもとても寒いと言われています。
その理由の一つが

 

2-1re

 

冬に暖房の熱が窓などの開口部から逃げる割合はなんと58%。暖気を窓から逃がさないようにすることが、家の断熱対策で重要となってきます。
そこで是非検討してみたいのが、窓サッシや窓ガラスの交換です。窓サッシの中でもアルミサッシは熱伝導率(熱の伝えやすさを示す度合い)が高く、冬の寒さをダイレクトにお部屋の中に伝えてしまいます。アルミサッシを熱伝導率の低い樹脂サッシなどに変えることで、窓からの冷気をシャットダウン。
加えて、内窓をつけたり、ペアガラスに変えたりすることで住まいの断熱性能は格段に変わります。

 

実は、こうした窓からの断熱対策。日本は先進国と比べて遅れているのが現状です。

 

世界各国の樹脂サッシ普及率はイギリスでは66%、ドイツでは60%、お隣の韓国では80%。それに対し、日本の普及率は、15%程度です。

 

まだまだ遅れている窓の断熱対策。窓に樹脂サッシの内窓を設置するだけでも、窓の断熱性能が高まります。
ティージーがオススメしている断熱方法、ハウスINハウスのショールーム(MADOショップ豊橋牛川通店)や、MADOショップ豊川南大通店でも実際の樹脂サッシ(内窓)の実物をチェックできます。
サッシやガラスの素材による温度差の違いをMADOショップ豊川南大通店では随時実演中♪

 

2-2re

 

2-3re

 

窓の断熱対策を始めてみたいという方、サッシやガラスの性能の違いをもっと知りたい!という方は、是非お気軽にご相談ください!
\家の中身を新築にする/
ハウスINハウスの詳細はこちらから
▶︎ https://tg-houseinhouse.jp/

●MADOショップ豊橋牛川通店はこちら
>> http://toyohashi-ushikawadori.madoshop.jp/shop/index/

●MADOショップ豊橋南大通店はこちら
>> http://toyokawa-minamiodori.madoshop.jp/shop/index/

【『ハウスINハウスde断熱♪』意外なところからも入ってくる冷たい空気】

2019年2月5日|カテゴリー「ハウスINハウス

しっかり部屋の窓やドアを閉めているはずなのに、なんだか冷たい空気が入ってくると感じたことはありませんか?住まいの断熱を考えたとき、意外と見落としがちなのが、ちょっとした場所からの冷気の流入。
ドアや窓を閉めていても、実は家には冷たい空気が入る場所がたくさんあるんです。今回は、意外と知らない冷たい空気が入ってくる場所についてお話ししてみたいと思います。

 

断熱材を壁に入れていても、冷気が入ってくるちょっとした場所。
例えばコンセントスイッチダウンライトなどがそんな場所にあたります。

 

断熱材を入れていてもどうしても生じてしまうこうした断熱欠損箇所があると、せっかく家を断熱していても断熱効果が十分に得らません。

 

1-1re

 

ティージーが取り組んでいる、ハウスINハウスの断熱リフォームは、冷気が入ってくるコンセントやダウンライトなどの熱欠損箇所を、できる限り小さくする工夫もしっかりしています。

 

例えば天井のダウンライト。
ハウスINハウスの体感ショールームではダウンライトは天井に埋め込んでいません。
これは、天井に開ける穴をできる限り小さくして、断熱欠損箇所を減らすため。

 

1-2re

 

照明器具を天井に埋め込んで、フラットにするのは確かにおしゃれですが、照明器具を設置する分の穴を開ける必要が出てしまいます。開けた穴が大きければそれだけ冷気が入りやすいということですから、ダウンライトのコードだけを通す穴を開けることで対応しているんですよ。

 

見えないところ、目立たないところにもこだわるハウスINハウスの断熱リフォーム。
もっと知りたい!という方は、お気軽にお問い合わせください(^^)/

 

\ティージー「ハウスINハウス」ショールームinfo/
○場所:豊橋市牛川通3丁目13-3
○時間:9:00〜18:00
○問い合わせ先:0120-200-207

 

ハウスINハウス ショールームの詳細はこちらから
▶︎ https://www.tg-ltd.co.jp/showroom_guide/houseinhouse.html

体感してこそわかる、ハウスINハウスのあったか断熱パワー♪

2019年1月24日|カテゴリー「ハウスINハウス
2月2日(土)3日(日)開催の、ハウスINハウスのモデルハウス体感イベントの紹介動画はこちら!

家の寒さを我慢する日々、そろそろ終わりにしませんか?

 

長年住んできた愛着のあるマイホーム。
「まだまだこの家に住み続ける予定!でも・・・なんだか冬の寒さが体にこたえるようになってきたんだよなぁ」そんな悩みをお持ちの方は意外と多いかもしれません。
日本の住まいは世界と比較しても断熱性能が低く、特に築年数の経った家だと冬の室内温度は極寒レベルに。
室内外の温度差で、窓の結露もより一層生じやすくなってしまいます。

 

そこで!ティージー株式会社がご提案するのが、おしゃれに・簡単に・単工期で住まいを断熱リフォームできるハウスINハウス

 

リビングやバスルーム、寝室など家の生活スペースだけを断熱リフォームするハウスINハウスは、家の中に家を作るという新発想のリフォーム方法。
新築のような、高気密高断熱の住環境が、お手軽価格で実現できます。

 

寒い日が続くと、思わず体もぎゅっと縮こまり、姿勢も悪くなりがち。
そうなれば、首や肩などが常に緊張状態になり、肩こりや首こりも悪化してしまうのだとか。
寒さを我慢するメリットはありませんが、断熱リフォームで寒くない住環境を整えるメリットは無限大!
ティージーの断熱リフォームハウスINハウスで、快適な毎日を過ごしてみませんか?

 

2月2日(土)3日(日)には、おしゃれな断熱リフォーム、ハウスINハウスのモデルハウス体感イベントを開催予定♪

来場記念品もご用意しています!ぜひご家族で、お友達と、ご来場ください。
皆様のお越しをお待ちしています。

ハウスINハウス「モデルハウス体感会」info
○場所:豊橋市牛川通3丁目13-3
○日時:2月2日(土)・3日(日) 10:00〜17:00
○問い合わせ先:0120-200-207

 

☆ハウスINハウスについて詳しくはこちら!
https://tg-houseinhouse.jp/

 

☆ハウスINハウスの施工事例はこちらから!
https://tg-houseinhouse.jp/works

【ハウスINハウスde断熱♪】ヒートショックをご存知ですか?

2019年1月15日|カテゴリー「ハウスINハウス

季節の移り変わりを知るのにぴったりな、1年を24の節気に分けた二十四節気では、1月6日は「小寒」、1月20日は「大寒」とされています。
寒の入りとも呼ばれる小寒と一年で最も寒さが厳しい季節とされる大寒のある1月は、まさに体の芯から冷えを感じる日々となります。
そんな季節に注意して欲しいのが「ヒートショック」です。

 

ヒートショックとは、急激な温度差により血圧が急激に変動し、心筋梗塞などの悪影響をもたらしてしまうこと。冷えた体を温めるはずの入浴タイムは、ヒートショックがとても起こりやすい時間。
室内〜脱衣所〜浴室の温度差により、ヒートショックで命を落としてしまう危険もあるのです。
現に、ヒートショックによる入浴関連死は、交通事故死よりも多いという統計があるくらい!

 

普段何気なく、過ごしている室内にも、冬には危険が潜んでいるんです。

 

そんなヒートショックを予防する一番の方法は、家の中の温度差をなくすこと
脱衣所を暖かくするなど対策もありますが、どうしても築年数の経った家だと、いくら暖房を使っても廊下は寒いまま…なんてことも。

 

だからこそ、考えて欲しいのが、生活スペース全部を断熱する方法

 

3

 

例えば、ティージー株式会社が取り組んでいるハウスINハウスは、東三河エリアで初となる“お家の中にお家をつくる断熱リフォームです。
リビングや寝室、廊下、浴室など生活スペースをまとめて断熱できるため、家の中の温度差がなくなり、ヒートショックのリスクも軽減されます。

 

ティージー株式会社では、本社ショールーム内にハウスINハウスの暖かさを実際に確かめられる体感ルームをご用意しています♪

 

冬の寒さがどのくらい軽減されるかを確かめてみるのに、今は絶好のシーズンです。
東三河エリアで、ハウスINハウスの断熱リフォームを体感できるのはここだけ!ぜひお気軽にお越しください(^^)/

 

ティージー「ハウスINハウス」ショールームinfo
○場所:豊橋市牛川通3丁目13-3
○時間:9:00〜18:00
○問い合わせ先:0120-200-207

 

ハウスINハウス ショールームの詳細はこちらから
▶︎ https://www.tg-ltd.co.jp/showroom_guide/houseinhouse.html

【ハウスINハウスde断熱♪】断熱で家の価値もアップ!?

2018年12月20日|カテゴリー「ハウスINハウス

少子高齢化で人口がだんだんと少なくなっていく日本。住み手がいなくなった空き家の数も増えていると言われています。
そんな中、新築マイホームを購入する代わりに中古住宅をリノベーションしたり、これまで住んでいた家をリフォームしたりして住み続けるという選択をする方も多くなっています。

 

日本では、家の築年数が多くなればなるほど減少し、木造戸建て住宅では築22年くらいを境に資産価値が購入金額の10%以下に。もちろん、性能も品質もアップした新築住宅であれば事情は変わるかもしれませんが築30年、築50年という家は、資産価値も土地価格プラスα程度のことがほとんどです。

 

さらに古い家は断熱性が低いため、冷暖房効率が悪くて、住みやすさ、と言う点でも難が生じがち。
…と言う話をしていると、何だか気分が落ち込んでしまいますよね。そんなときこそオススメしたいのが断熱リフォームなんです!

 

6

 

私たちが取り組んでいるハウスINハウス断熱は、独自の断熱工法で新築並みの快適さを実現するリフォームです。
断熱リフォームは冬の冷えからくる健康への悪影響もシャットアウトします。風邪やヒートショックが予防できれば、病院にかかるお金も必要なくなります。
愛着ある家に住み続けながら、健康的な暮らしを手に入れられるとしたら…あなたの家の価値は今よりもきっと高いものになるはずです。

 

また、家の購入費用を抑えるために中古住宅の購入を検討している方も、ハウスINハウスで断熱リフォームすれば、古い家の寒さ対策はバッチリ!新築並みの性能をよりお得に手にすることができるのではないでしょうか?

 

ハウスINハウスの断熱効果を体感してみませんか♪

ティージー「ハウスINハウス」ショールームinfo
○場所:豊橋市牛川通3丁目13-3
○時間:9:00〜18:00
○問い合わせ先:0120-200-207

【ハウスINハウスde断熱♪】みんなが帰ってきたくなる家に…

2018年12月18日|カテゴリー「ハウスINハウス

冬にお客様のご自宅にリフォームの相談などで伺うと、時折家の中でダウンを着て、こたつやストーブなどの暖房器具を使っている姿をお見かけすることがあります。
「あったか我が家へ帰ろう…」なんてフレーズはCMなどでよく耳にしますが、自宅の中でまるでキャンプのような防寒対策をされている姿を見ると、なんとかしなければ!と痛感する今日この頃。

 

鴨長明の『徒然草』に「家のつくりやうは、夏をむねとすべし(家は夏を主に考えて造り方を考えるべし)」と書かれたように、高温多湿な気候の日本では夏の過ごしやすさを中心にした家づくりが一般的でした。
確かに夏の涼しさは大切ですが、冷えは万病の元と言われるように、冬の寒さは健康面でもいいことなし!

 

室内の気温差で血圧が急激に変化して心筋梗塞などを引き起こす“ヒートショック”は家の寒さが引き起こす弊害の代表格。
東京都健康長寿医療センター研究所がまとめた全国調査では、2011年に入浴中のヒートショック関連死により命を落とした人の数は、交通事故で命を落とした方の約4倍にものぼっていたと報告されています。

 

暮らしを守るための家が、健康や人生を損なう原因になってしまうなんて、悲しいことですよね。
年末年始に帰省してくる家族から「あの家は寒いから行きたくない…」と言われてしまわないように。
お正月、家族みんながあったか空間で和気藹々と過ごすための断熱対策はじめてみませんか?

 

5

 

ティージーでは、ハウスINハウスの暖かさを体感いただけるショールームをご用意しています♪
ぜひお気軽に、足をお運びください。

 

ティージー「ハウスINハウス」ショールームinfo
○場所:豊橋市牛川通3丁目13-3
○時間:9:00〜18:00
○問い合わせ先:0120-200-207

【ハウスINハウスde断熱♪】工事の流れを教えて!

2018年12月4日|カテゴリー「ハウスINハウス

12月を意味する師走には、師(師匠)が走るくらい忙しい季節…という語源があるくらい何かと慌ただしいこの季節。年末年始に親戚や仲のいい友達、お世話になった方を自宅に招くため、準備をしているご家庭もあるのではないでしょうか?
ぐっと気温が冷え込む年末年始は、家の断熱がしっかりしていないと「寒くてお客様を招くのもなんだかな…」と思ってしまいがち。
今年中は無理かもしれないけれど、来年こそなんとかしたいと思っている方は、ハウスINハウスで断熱をしてみてはいかがでしょうか?

 

ハウスINハウスの断熱工事は、お部屋の中から約4㎝の厚さの断熱パネルを床・壁・天井に貼っていく工事です。
工事期間の長さは、断熱する面積の広さなどによって異なるため一概には言えませんが、水まわり4点セット(キッチン・風呂・洗面・トイレ)の取り替え工事を含めて最短で2週間くらいでできてしまうことも。

 

1-2

 

工事期間中は、他の場所で仮住まいするなどの手間や時間・お金をかける必要もありません♪

 

簡単な流れとしては、次の通り。

 

(1)断熱するお部屋の家具をどかす
エアコンや照明器具、スイッチ、コンセント、カーテン等をはずす

 

(2)断熱パネルを床・壁・天井に貼る
  ※水まわり設備の交換も同時並行でスタート

 

(3)パネルの上から壁紙や床材を貼っていく
エアコンや照明器具、スイッチ、コンセントなどの器具を取り付ける

 

(4)窓に内窓(二重窓)を取り付ける
はずしたカーテンを取り付ける(新規のご提案も可能です)

 

(5)家具を戻して完成!
※ご希望があれば室内のインテリアもコーディネート

 

ね、簡単だと思いませんか?
もちろん、特殊な断熱パネルを使うなど、簡単なように見えてハウスIN ハウスの断熱は新築並みの暖かさを実現するためのノウハウがぎっしり詰まっています。
そのお話については、また違う機会にお話ししたいと思います(^o^)/

 

1-1

 

ティージーに、ハウスINハウスの暖かさを体感いただけるショールームが誕生♪
ぜひお気軽に、足をお運びください。

 

今週末はイベント開催
\ハウスINハウス「モデルハウス体感会」info/
○場所:豊橋市牛川通3丁目13-3
○日時:12月8日(土)・9日(日) 10:00〜16:00
○問い合わせ先:0120-200-207

【ハウスINハウスde断熱♪】生活スペース“だけ”を断熱するハウスINハウス

2018年11月29日|カテゴリー「ハウスINハウス

家の中に家をつくるってどういうこと?

 

住まいの性能が進化して、新築の家は断熱性・気密性が格段にアップしています。
そんな新築並みの断熱性を確保しようと思うと、どうしてもリフォームは大掛かりになりがち。寒い冬がやってくると「足元から冷える」「お風呂やトイレがとにかく寒い…」など住まいの断熱の必要性を痛感する方も多いのではないでしょうか。

 

今お住いの家を建て替えや大掛かりなリフォームをしなくても“新築並み”の断熱性を手に入れられるのが、ティージー株式会社でお取り扱いしている『ハウスINハウス』です。
築15年以上のお住まいにおすすめの『ハウスINハウス』は、生活スペースだけを断熱する低コストかつ効率的な断熱リフォームです。

 

8-1

 

8-2

 

お子様が成人され、2階まで断熱する必要はないけれど、せめて生活スペースだけは暖かくしたい。
冬の廊下やトイレ・お風呂と室内の気温差が心配/辛い。

そんな悩みをハウスIN ハウスが解決!
生活エリアだけを断熱するため、リフォーム費用も安く済みます。
また、リフォーム期間は短いので、仮住まいの準備などリフォーム工事費以外にかかるお金も節約できるんですよ。

 

ハウスINハウスのリフォームをされたお客様からは「まるでホテルにいるみたい♪」というお声もいただいています。

家の寒さは血圧の上昇や肺の冷えなど健康にも悪影響。
この冬は、ハウスINハウスのリフォームで快適に過ごしてみませんか?

 

実際にハウスINハウスの暖かさを体感いただけるショールームもこの秋オープンしています♪
ぜひお気軽に、足をお運びください。皆様のご来店をお待ちしています!

 

ティージー「ハウスINハウス」ショールームinfo
○場所:豊橋市牛川通3丁目13-3
○時間:9:00〜18:00
○問い合わせ先:0120-200-207

pagetop